ルビー

宝石名を『ルビー』と呼び、宝石の女王の名を持つ古くから愛されている天然石です。鉱物名は『コランダム』と言い、ダイヤモンドの次に硬い鉱物です。コランダムの変種はルビーとサファイヤがあるのですが、淡い赤色やピンク色の石はサファイヤと分類され、濃い赤い色のコランダムだけをルビーと呼ぶ事を許されます。この事からもルビーがいかに特別なのか分かります。古い歴史のあるルビーですが、名前の由来はラテン語の『ruber』から来ています。赤い石は全てルビーとされていた時代もあり大英帝国王冠にも使われています。鑑別技術の進歩によって近年この王冠の赤い宝石はスピネルだと判明しました。また1891年にフランスのベルヌイ博士によって宝石級の合成石が商業的に成功し、魅力あるルビーは多くの模造品が生まれ流通しています。

エネルギーの特性:金運 情熱 官能的な魅力を引出す 勝利を引き寄せる カリスマ性を高める 潜在的な魅力の目覚め

  • 勝利、成功、愛、情熱、気品、権力、威厳、危険回避、決断力、カリスマ性、生命力、富、財力

  • ・勝利を勝ち取る

    ・権力を強める

    ・愛を深める

    ・情熱を高める

    ・魅力を高めたい

    ・恋の成就

    ・勇気が欲しい

    ・組織を強くしたい

    ・カリスマ性を高めたい

    ・独立したい

    ・事業を成功させたい

    ・金運を高めたい

    ・身体の回復

    ・危険・災難から守る

  • 日本名:紅玉(こうぎょく)

    主な原産国:ミャンマー、タイ、インド、スリランカ、ベトナム、タンザニア

    誕生石:7月

    硬度:9

    成分:Al2O3

    結晶系:三方晶系

    色:赤色、濃赤色

真紅の輝きが勝利と成功を引き寄せ、豊かさをもたらす。

宝石の女王と呼ばれるに相応しい輝きを秘めた魔法の石。ルビーは持ち主のカリスマ性を高めるので、組織が成長し望む成果を引き寄せる事ができるでしょう。ルビーの持つ赤色は情熱を高め、恋愛成就や愛を深める手助け、幸福が長く続くように見守ってくれます。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています

全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています

鉱物学の豆知識

  • 良い産地はある?
  • ミャンマー産のルビーは特別だよ。ビジョンブラッドと呼ばれ濃赤色の美しい輝きを見せてくれるよ。
  • 気を付けた方がいい事はある?
  • 類似石が多いから注意が必要だよ。カットされたルビーは違う石と張り合わせて偽装している事もあるから注意が必要だよ。

お手入れと浄化方法

クラスター セージ 太陽

詳しくは、こちら▶

Premiun Stones

女神レアの宝物庫

レアズアフェクション