鑑定書について

鑑別とは、宝石に使われる素材を科学的検査から天然、合成、人造、模造かなど生成起源及び種類を検査し結論付けるものです。重要なのは誰が鑑別書を発行しているかです。鑑定士も国家資格では無いので知識や公平性を持たない自称鑑定士も多く、鑑別書が意味を成さない場合もあります。日本には日本国内の鑑別機関を統括するAGL(宝石鑑別団体協議会)という組織が創られており、鑑別の記載方法の統一や最新の技術に対して対応が行われており、信頼度見極める上でAGLに加盟しているかが大変重要なポイントになります。それに加え多くの鑑別経験も非常に重要で、天然石に詳しく書籍も出版されている「日本彩珠宝石研究所」に依頼しています。

Premiun Stones

女神レアの宝物庫

レアズアフェクション